YNU_logoWelcome to ARAKI Lab http://www.trans.me.ynu.ac.jp/

2010年度(2010年4月~)

♦ 論文
  1. 「供給ガス相対湿度変化がPEFC発電応答特性へ及ぼす影響」
    眞鍋壮, 上村有輝, 荒木拓人,
    日本機械学會論文集. B編 76(771), 1942-1949, (2010)

  2. Steam electrolysis performance of intermediate-temperature solid oxide electrolysis cell and efficiency of hydrogen production system at 300 Nm3h-1
    Zhenwei Wang, Masashi Mori and Takuto Araki
    International Journal of Hydrogen Energy, Vol. 34, No. 10, pp. 4451-4458(2010)

  3. Simulation Study for the Series Connected Bundles of Micro Tubular SOFCs
    Yoshihiro Funahashi, Toru Shimamori, Toshio Suzuki, Yoshinobu Fujishiro, Masanobu Awano and Takuto Araki
    Journal of Fuel Cell Science and Technology, Vol. 7, No. 5, (2010)


♦ 著書など
  1. 高性能セラミックリアクターの開発と応用―燃料電池の高効率化と環境対応―
    Development and Application of Efficient Ceramic Reactor―Highly Effective and Environment Fuel Cells―
    淡野正信, 荒木拓人 他 共著, CMC出版, 東京, 2010年8月, ISBN 978-4-7813-0257-7.

  2. Advanced Studies of Polymer Electrolyte Fuel Cells
    Victor Hacker, Takuto Araki et al.,August 2010, TU Graz, Graz, Austria, ISBN 978-3-85125-117-3.


♦ 国際会議(査読有)
  1. Modeling of Mass Transport and Overpotential Distributions inside PEMFC Catalyst Layer
    Takuto Araki, Tomoaki Ae, Ryo Kambayashi,
    21st International Symposium on Transport Phenomena, IS05-02, 4th Nov. 2010, Kaohsiung, Taiwan.

  2. Measurements of Heat and Mass Transport Properties through PEMFC GDL,
    Takuto Araki, Kohichi Ota, Haruki Kaneko, Nobuyoshi Tachibana,
    21st International Symposium on Transport Phenomena, IS05-04, 4th Nov. 2010, Kaohsiung, Taiwan.
  3. 3. Simultaneous Measurement of Gas Diffusivity and Imaging of Liquid Water by X-Ray Computed Tomograpy In Micro Porous Media,
    Tadafumi DAITOKU, Takuto ARAKI, Shunsuke KONDO, Koichi OTA, Yasuyuki Omori,Haruki KANEKO, Kentaro UESUGI, Yoshio UTAKA,
    21st International Symposium on Transport Phenomena, IS05-01, 4th Nov. 2010, Kaohsiung, Taiwan.

♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. 「GDL内水分の相変化および毛管輸送モデリングによるセル性能評価」
    洗川拓也, 佐藤暁, 荒木拓人
    第51回電池討論会, 2E17, 2010年11月10日, 愛知県産業労働センター(名古屋市中村区).

  2. 「GDL内液水分布および周囲境界条件が酸素拡散特性へ与える影響」
    太田公一, 金子春樹, 荒木拓人, 宇高義郎, 大徳忠史
    第51回電池討論会, 2E19, 2010年11月10日, 愛知県産業労働センター(名古屋市中村区).

  3. 「両極アグロメレートモデルを用いたPEFC非定常解析」
    阿江朋暁, 官林亮, 荒木拓人,
    第51回電池討論会, 1F12, 2010年11月11日, 愛知県産業労働センター(名古屋市中村区).

  4. 「周囲境界条件がPEFCガス拡散層の物質輸送特性へ与える影響」
    太田 公一, 金子 春樹, 荒木拓人,
    第47回日本伝熱シンポジウム, A124, 2010年5月26日, 札幌コンベンションセンター.

  5. 「二次元アグロメレート触媒層モデルを用いたPEFC 非定常解析」
    阿江 朋暁, 上村 有輝, 官林亮, 荒木 拓人
    第47回日本伝熱シンポジウム, A132, 2010年5月26日, 札幌コンベンションセンター.

  6. 「微細多孔体内のX線ラジオグラフィーによる液水挙動可視化と酸素拡散特性の同時計測」
    大徳 忠史, 荒木 拓人, 近藤俊介, 大森 康由, 太田 公一, 金子 春樹, 上杉 健太朗, 宇高 義郎
    第47回日本伝熱シンポジウム, E131, 2010年5月26日, 札幌コンベンションセンター.

  7. 「含水時の炭素繊維質多孔体の熱伝導率測定とPEFC 内局所温度測定」
    遠藤 亮将, 荒木 拓人, 大洞健治, 橘 伸佳
    第47回日本伝熱シンポジウム, E132, 2010年5月26日, 札幌コンベンションセンター.


2009年度(2009年4月~2010年3月)

♦ 論文
  1. Treatment of low concentration hydrogen by electrochemical pump or proton exchange membrane fuel cell
    Kazuo Onda, Takuto Araki, Keiji Ichihara, Mitsuyuki Nagahama
    Journal of Power Sources, Volume 188, Issue 1, pp. 1-7(2009)


♦ 国際会議(査読有)
  1. Measurement and Modelling of Heat and Mass transport characteristics inside PEMFC systems
    T. Araki, So Manabe, Yuki Uemura, Kenji Ohora,
    7th World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics, June 2009, Krakow, Poland.


♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. 「GDL中の液水滞留を考慮したPEFC非定常発電応答解析」
    荒木拓人, 真鍋壮, 上村有輝, 洗川拓也, 田川恒介,
    第16回燃料電池シンポジウム講演予稿集, pp.220-223, 2009年5月, タワーホール船堀(東京都).

  2. 「膜電極接合体界面の輸送抵抗がPEFC非定常発電特性に及ぼす影響」
    眞鍋 壮, 上村 有輝, 大洞 健治, 荒木 拓人, 恩田 和夫
    第46回日本伝熱シンポジウム, pp. 583-584, 2009年6月4日, 京都国際会館.

  3. 「ガス拡散層の熱物質輸送特性」
    大洞 健治, 荒木 拓人, 太田 公一, 遠藤 亮将,
    日本機械学会2009年度年次大会, 2009年9月, 岩手大学.

  4. 「ガス拡散層内の液水滞留を考慮したPEFC 非定常応答解析」
    洗川 拓也, 荒木 拓人, 眞鍋 壮
    日本機械学会2009年度年次大会, 2009年9月, 岩手大学.

  5. 「カソード触媒層内の酸素拡散がPEFC 発電特性に及ぼす影響」
    阿江 朋暁, 上村 有輝, 荒木 拓人
    日本機械学会2009年度年次大会, 2009年9月, 岩手大学.

  6. 「GDLの含水状態がPEFC内熱物質輸送特性に与える影響」
    大洞健治, 上村有輝, 橘 伸佳, 荒木拓人
    第50回電池討論会 講演要旨集, 1F12 , 2009年12月, 京都国際会館.

  7. 「ScSZ電解質セルによる中温水蒸気電解システムの電気分解効率」
    王 臻偉, 森 昌史, 荒木拓人
    第50回電池討論会 講演要旨集, 2G10, 2009年12月, 京都国際会館.

  8. 「リブの影響を考慮した非定常カソード触媒層モデル」
    上村有輝, 阿江朋暁, 眞鍋 壮, 荒木拓人
    第50回電池討論会 講演要旨集, 3E21, 2009年12月, 京都国際会館.

  9. 「セラミックリアクタSOFCシステムのサイクル効率計算および熱起動解析」
    荒木拓人,恩田和夫,淡野正信,藤代芳伸,鈴木俊男,水谷安伸,岡田文男,森昌史,王臻偉,菊地哲郎, 稲垣祐一郎
    第18回SOFC研究発表会, 216B, 2009年12月, 科学技術館サイエンスホール(東京都千代田区).


2008年度(2008年4月~2009年3月)

♦ 論文
  1. 「固体高分子膜を用いた低濃度水素の処理」
    荒木拓人, 市原敬士,長濱光幸,源保男, 恩田和夫,
    電気学会論文集, 128巻, 11号, pp.1364-1370 (2008)


♦ 国際会議(査読有)
  1. Effect of Water Transport on PEMFC Transient Power Generating Characteristics
    Takuro Araki, So Manabeand Yuki Uemura,
    2008 Fuel Cell Seminar, GHT35c-7, Oct 2008, Phoenix, US (poster)


♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. 「固体高分子形燃料電池内の熱物質輸送特性」
    眞鍋壮, 上村有輝, 長濱光幸, 荒木 拓人, 恩田 和夫
    第45回日本伝熱シンポジウム, D1504, 2008年5月, 筑波国際会議場.

  2. 「水分輸送特性がPEFC非定常発電応答に与える影響」
    ○荒木拓人, 真鍋壮, 上村有輝, 恩田和夫
    第15回燃料電池シンポジウム講演予稿集, pp.161-164, 2008年5月, タワーホール船堀(東京都)

  3. 「供給ガス湿度変化時のPEFC発電応答解析」
    上村有輝, 眞鍋壮, 長濱光幸, 荒木拓人, 恩田和夫,
    日本機械学会2008年度年次大会, 2008年8月, 横浜国立大学

  4. 「PEFC 内部の非定常水分輸送特性と温度分布」
    眞鍋 壮・田川恒助・山浦利雄・大洞健治・上村有輝・荒木拓人
    平成21年電気学会全国大会, 2009年3月, 北海道大学.


2007年度(2007年4月~2008年3月)

♦ 論文
  1. 「固体高分子燃料電池内の物質輸送特性と非定常発電特性解析」
    荒木拓人, 若原健二, 砂川大輔, 黒木進, 長濱光幸, 恩田 和夫
    電気学会論文集B, 128巻, 3号, pp. 571-578 (2008)

  2. 「固体高分子膜を使った水素の分離・圧縮特性」
    市原敬士, 長濱光幸, 源保男, 荒木拓人, 恩田和夫,
    日本機械学会論文集B編, 73巻, 730号, pp. 1369-1376 (2007)

  3. "Numerical Analysis of Current Distribution at Proton Exchange Membrane Fuel Cell Compared by Segmented Current Collector Cell"
    Kazuo Onda*, Takuya Taniuchi, Takuto Araki, Daisuke Sunakawa.
    ASME Journal of Fuel Cell Science and Technology, Vol. 4, Issue 4, pp.441-449 (2007)


♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. 「固体高分子形燃料電池における熱・物質輸送特性測定と非定常応答解析?」
    ○荒木拓人, 上村有輝, 真鍋壮, 長濱光幸, 乾義尚, 恩田和夫,
    第47回電池討論会, 講演要旨集, pp.678-679, 2007年12月, 福岡国際会議場.


2006年度(2006年4月~2007年3月)

♦ 論文
  1. "Analysis of Current Distribution at Polymer Electrolyte Fuel Cell in Use of Measured Membrane Properties and Comparison with Measured Current Density "
    K. Onda, T. Araki, T. Taniuchi, D. Sunakawa, K. Wakahawa, M. Nagahama,
    Journal of Electrochemical Society, Vol. 154, No. 2, pp. pp.B247-B257 (2007)

  2. 「固体高分子膜による水素の分離・圧縮特性に関する基礎研究」
    池田孝伸, 市原敬士, 砂川大輔, 服部紀公士, 荒木拓人, 恩田和夫, 五十嵐基仁, 本吉智行
    電気学会論文誌B, 126巻, 9号, pp. 926-932 (2006)

  3. 「吸収冷凍機によるSOFC・ガスタービン複合発電の廃熱利用サイクル計算」
    竹澤伸也, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫, 永田進
    電気学会論文誌B, Vol. 126, No. 8 (2006)

  4. "Separation and Compression Characteristics of Hydrogen by Use of Proton Exchange Membrane"
    Kazuo Onda, Keiji Ichihara, Mitsuyuki Nagahama, Yasuo Minamoto, Takuto Araki,
    Journal of Power Sources, (accepted, in printing)

  5. "Measurement of Diffusion Coefficient and Electro-osmotic Coefficient of Water at PEFC"
    Daisuke Sunakawa, Shogo Oyama, Takuto Araki,Kazuo Onda
    Electrochemistry, Vol. 74 No. 9, pp. 732-736 (2006)

  6. "Thermal Behavior of Small Lithium-Ion Secondary Battery During Rapid Charge and Discharge Cycles"
    Takamasa Ohshima, Masato Nakayama, Kenichi Fukuda, Takuto Araki, and Kazuo Onda
    Electrical Engineering in Japan. Vol. 157, No. 3, pp. 17-25 (2006)

  7. 「吸収冷凍機によるSOFC・ガスタービ ン複合発電の廃熱利用サイクル計算」
    竹澤伸也, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫, 永田進
    電気学会論文誌B編, 126巻8号, pp. 841-846 (2006)

  8. 「固体高分子膜による水素の分離・圧縮特性に関する基礎試験」
    池田孝伸, 市原敬士, 砂川大輔, 服部紀公士, 荒木拓人, 恩田和夫, 五十嵐基仁, 本吉智行
    電気学会論文誌B編, 126巻9号, pp. 926-932 (2006)

  9. 「CO2回収用SOFC/ガスタービン複合発電のサイクル計算」
    谷内拓哉, 砂川大輔, 長濱光幸, 荒木拓人, 恩田和夫, 嘉藤徹
    電気学会論文誌B編, 126巻, 11号, pp. 1142-1148 (2006)

  10. 「固体高分子燃料電池の電流分布解析と測定」
    谷内拓哉, 若原健二, 長濱光幸, 荒木拓人, 恩田和夫
    電気学会論文誌B編, 127巻, 1号,99. 19-27 (2007)


♦ 査読あり国際会議
  1. "Calculation of Current Density Distribution at PEFC with Measured Membrane"
    K. Onda, T. Araki, D. Sunakawa, K. Wakahara, M. Nagahama,
    Proceedings of FUELCELL2006, 2006 Fuel Cell Seminar, Nov 2006, Hawaii (poster)

  2. "Cycle Analysis of Low and High H2 Utilization SOFC/Gas Turbine Combined Cycle for CO2 Recovery"
    Kazuo Onda, Takuya Taniuchi, Daisuke Sunakawa, Mitsuyuki Nagahama, Takuto Araki,
    Proceedings of FUELCELL2006, The Fourth International Conference on Fuel Cell Science, Engineering and Technology,
    FUELCELL2006-97061, Irvine, California, June 19-21, 2006.


♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. 「固体高分子燃料電池における電解質膜の湿り・乾き特性」
    砂川大輔, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成19年電気学会全国大会, 7-064, pp.94-95, 2007年3月, 富山大学.

  2. 「固体高分子燃料電池の流れに沿う非定常ガス濃度分布測定
    黒木進, 船戸宏也, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成19年電気学会全国大会, 7-065, pp.96-97, 2007年3月, 富山大学.

  3. 「固体高分子燃料電池の膜抵抗の非定常分布測定」
    若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成19年電気学会全国大会, 7-067, pp.100-101, 2007年3月, 富山大学.

  4. 「固体高分子膜を用いた低濃度水素の処理」
    長濱光幸, 市原敬士, 源保男, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成19年電気学会全国大会, 7-069, pp.94-95, 2007年3月, 富山大学.

  5. 「固体高分子燃料電池における水蒸気に対する膜物性測定と物質輸送特性」
    ○荒木拓人, 砂川 大輔, 長濱 光幸, 恩田 和夫, 滝本 正人, 米田 雅一,
    第47回電池討論会,講演要旨集, pp.88-90, 2006年11月, タワーホール船堀(東京都).

  6. 「固体高分子燃料電池の流れに沿うガス濃度と膜抵抗の分布測定」
    ○黒木進, 若原健二, 荒木拓人, 恩田 和夫,
    第47回電池討論会,講演要旨集, pp.86-88, 2006年11月, タワーホール船堀(東京都)

  7. 「固体高分子膜を用いた水素ポンプ及び燃料電池による低濃度水素の処理」
    市原敬士, 長濱光幸, 源保男, 荒木拓人, 恩田 和夫,
    第47回電池討論会, 講演要旨集, pp.630-631, 2006年11月, タワーホール船堀(東京都)

  8. 「固体高分子膜による水素ポンプの分離特性と電流分布解析」
    ○荒木拓人, 市原敬士, 長濱光幸, 恩田和夫,
    電気学会 平成18年電力・エネルギー部門大会, 2006年9月, 琉球大学.

  9. 「固体高分子膜による水素ポンプの昇圧特性」
    ○市原敬士, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会 平成18年電力・エネルギー部門大会, 2006年9月, 琉球大学.

  10. 「固体高分子燃料電池の電流分布解析と測定」
    谷内拓哉, ○若原健二, 長濱光幸, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会 平成18年電力・エネルギー部門大会, 2006年9月, 琉球大学.

  11. 「電気化学的水素ポンプの昇圧・分離特性」
    Pressurization and separation characteristics of electrochemical hydrogen pump
    ○荒木拓人,市原敬士, 恩田和夫
    第11回動力・エネルギー技術シンポジウム, OS5-7, pp.105-106, 2006年6月, 東京海洋大学.

  12. 「二酸化炭素回収用SOFC複合発電システムのサイクル計算」
    Cycle analysis of high H2 utilization SOFC / gas turbine combined system for CO2 recovery
    ○荒木拓人, 谷内拓哉, 恩田和夫,
    第43回日本伝熱シンポジウム講演論文集, B314, pp.619-620, 2006年6月, 名古屋国際会議場.

  13. 「固体高分子燃料電池の膜物性測定と電流分布の解析/測定」
    Measurement of Membrane Properties and Analysis / Measurement of Current Distribution at Polymer Electrolyte Fuel Cell
    ○恩田和夫, 谷内拓哉, 若原健二, 砂川大輔, 長濱光幸, 荒木拓人
    第13回燃料電子シンポジウム講演予稿集, B26, pp.234-237, 2006年5月, 東京(タワーホール船堀).

♦ その他

2005年度の論文(2005年4月~2006年3月)

♦ 論文
  1. "Cell Impedance Measurement by Laplace Transformation of Charge or Discharge Current-Voltage "
    Kazuo Onda, Masato Nakayama, Kenichi Fukuda, Kenji Wakahara, and Takuto Araki.
    J. Electrochem. Soc. 153-6, pp.A1012-A1018 (2006)

  2. "Cycle analysis of planar SOFC power generation with serial connection of low and high temperature SOFCs"
    Takuto Araki, Takahiro Ohba, Shinya Takezawa, Kazuo Onda and Yoshinori Sakaki.
    Journal of Power Sources, Volume 158, Issue 1, pp. 52-59 (2006).

  3. "Thermal behavior of small lithium-ion battery during rapid charge and discharge cycles"
    Kazuo Onda, Takamasa Ohshima, Masato Nakayama, Kenichi Fukuda and Takuto Araki. Journal of Power Sources, Volume 158, Issue 1, pp. 535-542, (2006)

  4. 「角型リチウムイオン二次電池の急速充放電時の発熱挙動」
    荒木拓人, 若原健二, 福田健一, 大森吉剛, 恩田和夫
    電気学会論文誌B編, 125-12, pp.1332-1337, (2005)

  5. 「充放電電流と電圧のラプラス変換による電池インピーダンスの測定」
    中山正人, 福田健一, 大森吉剛, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    電気学会論文誌B編, 125-12, pp.1279-1286, (2005)

  6. 「低温型と高温型を直列配置した平板型SOFC発電のサイクル解析」
    大庭貴弘, 竹澤伸也, 荒木拓人, 恩田和夫, 榊嘉範
    電気学会論文誌B編, 125-12, pp.1253-1259, (2005)

  7. 「小型リチウム二次電池の急速充放電時の発熱挙動」
    福田健一, 大森吉剛, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    機械学会論文集B編, 71-709, pp2367-2374, (2005)

  8. "Polymer Electrolyte Dehumidifying Cell and Its Application to Air Conditioners"
    Kazuo Onda, Takahiro Kyakuno, Kikuo Hattori, Takanobu Ikeda, Takuto Araki,
    Electrochemical Society, 152-12, pp.A2369-A2375 (2005)

  9. "Thermal Behavior of Nickel / Metal Hydride Battery during Rapid Charge and Discharge Cycles"
    Takuto Araki, Masato Nakayama, Kenichi Fukuda and Kazuo Onda,
    Electrochemical Society, Volume 152, Number 6, pp.A1128-A1135, (2005)

  10. "Improving Characteristics of Ozone Water Production with Multilayer Electrodes and Operating Conditions in a Polymer Electrolyte Water Electrolysis Cell"
    Kazuo Onda, Takahiro Ohba, Hironobu Kusunoki, Shinya Takezawa, Daisuke Sunakawa and Takuto Araki,
    Journal of The Electrochemical Society, 152-10, pp.D177-D183. (2005)

  11. "Simulation of the current density distribution for a PEMFC by using measured electrochemical and physical properties of the membrane "
    Takuto ARAKI*, Hiroaki Koori, Takuya TANIUCHI and Kazuo ONDA,
    Journal of Power Sources, 152, pp.60-66.


♦ 査読あり国際会議
  1. "Numerical Analysis of Current Density Distribution at PEMFC and Comparison with Measured Distribution by Segmented Electrode Cell"
    K. Onda, T. Taniuchi, T. Araki, D. Sunakawa,
    Proceedings of The First European Fuel Cell Technology and Applications Conference, Dec. 2005, Rome, Italy.

  2. "Polymer Electrolyte Separation Pump of Exhausted Hydrogen from PEMFC"
    Kazuo Onda*, Kikuo Hattori, Takanobu Ikeda, Keiji Ichihara, Takuto Araki,
    2005 Fuel cell seminar, Nov. 2005, Palm Springs, US. (poster)

  3. "Cycle analysis of tow-stage SOFC power generation by series connection of low and high-temperature SOFCs"
    K Onda, T Araki, T Ohba, S Takezawa, Y. Sakaki,
    The Ninth Grove Fuel Cell Symposium, Oct. 2005, London, UK. (poster)

  4. "Simulation of current density distribution at PEMFC by using measured electrochemical and physical properties of membrane"
    Takuto ARAKI, Takuya TANIUCHI and Kazuo ONDA,
    Expo World Conf. Wind Energy, Renewable Energy, Fuel Cell & Exhibition, p.119, June 9th 2005, Hamamatsu.


♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. 「固体高分子膜による低濃度水素の分離特性の研究」
    池田孝伸, 砂川大輔, 市原敬士, 大山祥吾, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成18年電気学会全国大会, 7-013, p.20, 2006年3月, 横浜国立大学.

  2. 「固体高分子膜による水素ポンプの昇圧特性」
    市原敬士, 池田孝伸, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成18年電気学会全国大会, 7-012, p.19, 2006年3月, 横浜国立大学.

  3. 「エジェクターを用いたPEFCの水素循環運転」
    大森吉剛, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成18年電気学会全国大会, 7-011, p.18, 2006年3月, 横浜国立大学.

  4. 「ラプラス変換によるPEFCのインピーダンス測定」
    福田健一, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成18年電気学会全国大会, 7-005, pp.7-8, 2006年3月, 横浜国立大学.

  5. 「固体高分子形燃料電池の非定常濃度測定」
    竹澤伸也, 黒木 進, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成18年電気学会全国大会, 7-004, pp.5-6, 2006年3月, 横浜国立大学.

  6. 「固体高分子燃料電池の電流分布測定・解析と膜物性測定」
    谷内拓哉, 砂川大輔, 若原健二, 長濱光幸, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成18年電気学会全国大会, 7-003, pp.3-4, 2006年3月, 横浜国立大学.

  7. 「CO2回収用SOFC/ガスタービン複合発電のサイクル計算」
    谷内拓哉, 砂川大輔, 長濱光幸, 荒木拓人, 恩田和夫
    第14回SOFC研究発表会, 174C, pp.148-151 , 2005年12月, 科学技術館(東京都千代田区).

  8. 「固体高分子燃料電池の非定常発電特性」
    荒木拓人,竹沢伸也,大森吉剛,若原健二,黒木  進,恩田和夫
    第46回電池討論会, 1A-19, pp.26-27 , 2005年11月, 名古屋国際会議場.

  9. 「燃料電池排出水素処理に関する基礎研究」
    池田孝伸,市原敬士,大山将吾,荒木拓人,恩田和夫,五十嵐基仁,本吉智行
    第46回電池討論会, 2G-26, pp.854-855, 2005年11月, 名古屋国際会議場.

  10. 「ラプラス変換による二次電池のインピーダンス測定」
    福田健一,若原健二,荒木拓人,恩田和夫
    第46回電池討論会, 3D-20, pp.550-551, 2005年11月, 名古屋国際会議場.

  11. 「角型リチウムイオン二次電池の急速充放電時の発熱挙動」
    若原健二,福田健一,大森吉剛,荒木拓人,恩田和夫
    第46回電池討論会, 3D-02, pp.518-519, 2005年11月, 名古屋国際会議場.

  12. 「固体高分子燃料電池の電流分布測定・解析と膜物性測定」
    谷内拓哉,砂川大輔,長濱光幸,荒木拓人,恩田和夫
    第46回電池討論会, 1A-07, pp.6-7, 2005年11月, 名古屋国際会議場.

  13. 「角型リチウムイオン二次電池の急速充放電時の発熱挙動」
    荒木拓人, ◎若原健二, 福田健一, 大森吉剛, 恩田和夫
    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会, pp.(42)1-6, 2005年8月, 大阪.

  14. 「充放電電流と電圧のラプラス変換による電池インピーダンスの測定」
    中山正人, ◎福田健一, 大森吉剛, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会, pp.(42)7-13, 2005年8月, 大阪.

  15. 「低温型と高温型を直列配置した平板型SOFC発電のサイクル解析」
    大庭貴弘, ○竹澤伸也, 荒木拓人, 恩田和夫(豊橋技術科学大学), 榊 嘉範(中部電力)
    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会, pp.(42)15-21, 2005年8月, 大阪.

  16. 「燃料電池排出水素処理に関する研究」
    ○池田孝伸, 服部紀公士, 市原敬士, 砂川大輔, 荒木拓人, 恩田和夫(豊橋技術科学大学), 寺井元昭, 五十嵐基仁, 草田栄久, 本吉智行(東海旅客鉄道)
    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会, pp.(42)23-24, 2005年8月, 大阪.

  17. 「低温型と高温型を直列配置した平板型SOFC発電のサイクル解析」
    荒木拓人, 竹澤 伸也, 恩田和夫,
    第10回動力・エネルギー技術シンポジウム, pp.189-190, 2005年6月, 長崎.

  18. 「急速充放電時の二次電池の発熱挙動」
    荒木拓人, 福田健一, 大森吉剛, 恩田和夫,
    第42回日本伝熱シンポジウム, Vol.1, pp.33-34, 2005年6月, 仙台.

  19. 「固体高分子燃料電池からの排出水素に関する研究」
    恩田和夫, 服部紀公士, 池田孝伸, 市原敬士, 荒木拓人(豊橋技術科学大学), 五十嵐基仁, 本吉智行(東海旅客鉄道株式会社),
    第12回燃料電池シンポジウム, pp.137-140, 2005年5月, 東京.



♦ その他
  1. 「第9回Grove Fuel Cell Symposiumの概要報告」
    西川尚男, 谷内利明, 荒木拓人,千葉文彦, 鵜木重幸, 小関和雄
    燃料電池,The journal of Fuel Cell Technology, Vol.5 No.3, pp. 129-141, 2006.

  2. 「固体高分子燃料電池の発電特性システム解析と膜物性測定」(ポスター展示)
    恩田和夫, 荒木拓人,
    豊橋技術科学大学「技術シーズ展 in 名古屋」, 2月2日 2006.




2004年度の論文(2004年4月~2005年3月)

♦ 論文
  1. "Numerical Simulation of de-NOx Performance by Repetitive Pulsed Discharge when added with Hydrocarbons such as Ethylene"(Jump to JAP web site)
    K.Onda, H.Kusuniki, K.Ito, H.Ibaraki, T.Araki,
    Journal of Applied Physics, Vol.97, pp.023301-1-8, (2005)

  2. 「固体高分子燃料電池の膜物性測定と電流分布解析」
    郡央任, 谷内拓哉, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 125巻5号, pp.530-536, (2005)

  3. 「ニッケル水素電池の急速充放電時の発熱挙動」
    " Thermal Behavior of Small Lithium-Ion Secondary Battery during Rapid Charge and Discharge Cycles "
    中山正人, 福田健一, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 125巻2号, pp.213-220, (2005)

  4. 「エチレンなどの炭化水素を添加したパルス放電脱硝特性の解析」
    楠博敦, 茨木広, 伊藤衡平, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 125巻2号, pp.191-198, (2005)

  5. 「固体高分子水電解セルにおけるオゾン水生成の多層電極等による特性改善」
    大庭貴弘, 楠博敦, 砂川大輔, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 125巻2号, pp.184-190, (2005)

  6. 「エチレンなどの炭化水素を添加したパルス放電脱硝特性の解析」
    楠博敦, 茨木広, 伊藤衡平, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 125巻2号, pp.191-198, (2005)

  7. 「小型リチウムイオン二次電池の急速充放電時の発熱挙動」
    " Thermal Behavior of Small Lithium-Ion Secondary Battery during Rapid Charge and Discharge Cycles "
    大島孝昌, 中山正人, 福田健一, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 124巻12号, pp.1521-1527, (2004)

  8. 「固体高分子除湿セルの特性と空調への応用」
    " Dehumidifying characteristics of polymer electrolyte dehumidifying cell and its application to air "
    客野貴広, 服部紀公士, 池田孝伸, 荒木拓人, 恩田和夫,
    電気学会論文誌B編, 124巻12号, pp.1505-1512, (2004)


♦ 査読あり国際会議

  1. "Simulation of Current Density Distribution at PEMFC by using Measured Electro- Chemical and Physical Properties of Membrane"
    K. Onda, H. Koori, T. Taniuchi, T. Araki
    2004 Fuel Cell Seminar, Nov. 1-5, 2004, San Antonio, Texas.

  2. "Comparison of measured current density distributions at PEFC with calculated distributions by using measured membrane properties"
    Kazuo ONDA, Hironori KOORI, Takuya TANIUCHI and Takuto ARAKI
    15th World hydrogen Energy Conference, June 27-July2, 2004, Yokohama.

♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. "Thermal Behavior of Small Rechargeable Battery during Rapid Charge and Discharge Cycles "
    Takuto Araki, Masato Nakayama, Kenichi Fukuda and Kazuo Onda
    Proceedings of the third symposium on intelligent human sensing, pp.107-110, Mar. 3, 2005, Toyohashi, Aichi.

  2. 「低温型と高温型を直列配置した平板型SOFC発電のサイクル解析」
    "Cycle analysis of two-stage planar SOFC power generation by series connection of low and high temperature SOFCs"
    ○竹澤伸也, 大庭貴弘, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成17年電気学会全国大会, pp.(7)69-70, 2005年3月, 徳島.

  3. 「固体高分子燃料電池の膜物性測定と電流分布解析(2)」
    "Measurement of electrochemical properties of membrane and analysis of current distribution at polymer electrolyte fuel cell (2)"
    郡央任, 谷内拓哉, 高岡佑介, ○荒木拓人, 恩田和夫
    平成17年電気学会全国大会, pp.(7)76-77, 2005年3月, 徳島.

  4. 「小形角型リチウムイオン二次電池の充放電時の発熱挙動」
    ○若原健二, 中山正人, 福田健一, 大森吉綱, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成17年電気学会全国大会, pp.(7)57-58, 2005年3月, 徳島.

  5. 「リチウムイオン電池の急速充放電時の発熱挙動」
    ○福田健一, 中山正人, 大森吉綱, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成17年電気学会全国大会, pp.(7)55-56, 2005年3月, 徳島.

  6. 「低圧力直流コロナ放電場におけるラジカル濃度の測定と数値解析」
    ○茨木広, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成17年電気学会全国大会, pp.(1)90-91, 2005年3月, 徳島.

  7. 「低温型と高温型SOFCを直列配置したマルチステージSOFCの発電効率計算(2)」
    "System analysis of multi-stage SOFC power generationby series connection of low and high temperature SOFCs"
    ○大庭貴弘, 荒木拓人, 恩田和夫 榊嘉範(中部電力株式会社 電力技術研究所)
    第13回SOFC研究発表会, pp.182-185, 2004年12月, 東京.

  8. 「CO2回収を目的としたSOFC運転法の解析」
    "Analysis of SOFC operating condition for CO2 recovery"
    ○谷内拓哉, 大庭貴弘, 荒木拓人, 恩田和夫 嘉藤徹(産業技術総合研究所)
    第13回SOFC研究発表会, pp.178-181, 2004年12月, 東京.

  9. 「固体高分子燃料電池の膜物性測定と電流分布解析」
    "Measurement of physical properties of membrane and analysis of current density distribution at polymer electrolyte fuel cell"
    ○郡 央任, 谷内拓哉, 荒木拓人, 恩田和夫
    第45回電池討論会, pp.696-697, 2004年11月, 京都.

  10. 「小型ニッケル水素電池の急速充放電時の発熱挙動(2)」
    " Thermal Behavior of Small Nickel/Metal Hydride Battery during Rapid Charge and Discharge Cycles (2) "
    ○中山正人, 福田健一, 大森吉綱, 若原健二, 荒木拓人, 恩田和夫
    第45回電池討論会, pp.440-441, 2004年11月, 京都.

  11. 「リチウムイオン二次電池の急速充放電時の発熱挙動(2)」
    " Thermal Behavior of Lithium-Ion Secondary Battery during Rapid Charge and Discharge Cycles (2) "
    中山正人,○福田健一,大森吉剛,若原健二,荒木拓人,恩田和夫
    第45回電池討論会, pp.548-549, 2004年11月, 京都.

  12. 「燃料電池排出水素処理の研究」
    ○服部紀公士, 池田孝伸, 市原敬士, 荒木拓人, 恩田和夫, 寺井元昭, 草田栄久, 本吉智行, 畑井亜喜良
    第45回電池討論会, pp.120-121, 2004年11月, 京都

  13. 「固体高分子水電解セルにおけるオゾン水生成の多層電極等による特性改善」
    ○大庭貴弘, 砂川大輔, 竹澤伸也, 荒木拓人, 恩田和夫
    第45回電池討論会, pp.108-109, 2004年11月, 京都

  14. 「次世代携帯用電池の設計支援ツールと機能化材料の開発」
    恩田和夫, 滝川浩史, 徐国春, 荒木拓人,
    平成16年度電気関係学会東海支部連合大会, pp.108-109, 2004年9月, 名工大

  15. 「固体高分子燃料電池の膜物性測定と電流分布解析」
    ○郡 央任, 谷内拓哉, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.49-9~49-14, 2004年8月, 名古屋.

  16. 「小型リチウムイオン二次電池の急速充放電時の発熱挙動」
    大島孝昌, 中山正人, ○福田健一, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.53-1~53-7, 2004年8月, 名古屋.

  17. 「燃料電池排出水素処理用水素ポンプの研究」
    ○服部紀公士, 池田孝伸, 恩田和夫, 寺井元昭, 草田栄久, 本吉智行, 畑井亜喜良
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.50-11-12, 2004年8月, 名古屋.

  18. 「固体高分子除湿セルの特性と空調への応用」
    客野貴広, 服部紀公士, ○池田孝伸, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.50-13~50-19, 2004年8月, 名古屋.

  19. 「エチレンなどの炭化水素を添加したパルス放電脱硝特性の解析」
    楠博敦, ○茨木広(豊橋技術科学大学), 伊藤衡平(九州大学), 荒木拓人, 恩田和夫(豊橋技術科学大学)
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.31-1~31-7, 2004年8月, 名古屋.

  20. 「固体高分子水電解セルにおけるオゾン水生成の多層電極等による特性改善」
    ○大庭貴弘, 楠 博敦, 砂川大輔, 恩田和夫, 荒木拓人(豊橋技術科学大学)
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.50-3~50-9, 2004年8月, 名古屋.

  21. 「パルス放電脱硝におけるラジカル濃度の測定と計算予測」
    "Measurement and Calculation of Radical Concentration at Pulsed Discharge DeNOx Process"
    ○茨木広, 荒木拓人, 恩田和夫
    平成16年度電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集, pp.31-9~31-10, 2004年8月, 名古屋.

  22. 「固体高分子燃料電池の膜物性測定と電流分布解析」
    郡央任, 谷内拓也, 荒木拓人, 恩田和夫
    第11回燃料電池シンポジウム, pp.266-269, 2004年5月, 東京.(poster)




2003年度以前

♦ 論文
  1. "An Experimental Investigation of Gaseous Flow Characteristics in Microchannels",
    ARAKI Takuto, Kim Min Soo, IWAI Hiroshi, and SUZUKI Kenjiro
    Microscale Thermophysical Engineering, Vol.6, p.117-130, 2002

  2. "Gaseous flow Characteristics in Microtubes",
    Min Soo Kim, Takuto Araki, Kyoji Inaoka, and Kenjiro Suzuki
    JSME International Journal Series B,Vol.43, No.4, 2000

♦ 査読あり国際会議
  1. "An Experimental Investigation of Gaseous Flow Characteristics in Microchannels",
    ARAKI Takuto, Kim Min Soo, IWAI Hiroshi, and SUZUKI Kenjiro
    Proceedings of the International Conference on Heat Transfer and Transport Phenomena in Microscale, pp155-161,Banff Canada, 2000

  2. "Numerical and experimental study of gas flow characteristics in imcroscale nozzles",
    ARAKI Takuto, Kim Min Soo, IWAI Hiroshi, and SUZUKI Kenjiro
    Proceedings of International Symposium on Micro/Nanoscale Energy Conversion and Transport, pp.27-29, Turky, 2003

♦ 国内会議及び査読なし国際会議
  1. "Comparison of measured current density distributions at PEFC with calculated distributions by using measured membrane properties"
    Takuto Araki, Hironori Koori, Takuya Taniuchi, Kazuo Onda,
    Proceedings of the second symposium on intelligent human sensing, pp.111-114, Feb. 27, 2004, Toyohashi, Aichi.

  2. 「凹凸壁面を有するマイクロチャネル内気体流れの圧力損失特性」
    高橋弘樹,○荒木拓人,岩井裕,鈴木健二郎,
    第40回 伝熱シンポジウム講演論文集, pp355-356, 2003年5月,広島.

  3. 「微細ノズル内圧縮性流れに及ぼす壁面境界条件の影響」
    荒木拓人,岩井裕,中部主敬,鈴木健二郎,
    第14回 計算力学講演会講演論文集, pp561-562, 2001年12月,札幌.

  4. 「マイクロスケール円管内気体流れに及ぼす粘性消散の影響」
    藤本亮,荒木拓人,岩井裕,鈴木健二郎,
    第38回伝熱シンポジウム講演論文集, pp.71-72, 2001年6月,大宮.

  5. "Gaseous flow Characteristics in Microtubes"
    Min Soo Kim, Takuto Araki, Kyoji Inaoka, and Kenjiro Suzuki
    Proceedings of the 4th JSME-KSME Thermal Engineering Conference, Vol2, pp507-512, Oct. 2000, Kobe.

  6. "An Experimental Investigation of Gaseous Flow Characteristics in Microtubes"
    Takuto Araki, Min Soo Kim, Kyoji Inaoka, and Kenjiro Suzuki
    Proceedings of Kyoto University-Tsinghua University Joint Conference on Energy and Environment, pp7-12, Nov. 2000, Kyoto.

  7. 「マイクロチューブにおける気体流れの摩擦特性」
    荒木拓人,藤本亮,金珉秀,稲岡恭二,鈴木健二郎,
    機械学会関西支部第74期定時総会講演会講演論文集, pp7-15,16, 2000年3月,大阪.










Copyright (C) 2007- ARAKI Lab. some rights reserved.